読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆりーん

継続して頑張ってるといきなりまとめて疲れが来るよね。

 

百合の話。以前twitterで「ラノベみたいな小説には元々は男の理想である「やたらモテる」とか「世界を救う」みたいな展開があったのに最近日常的な話が多いのは男の欲が下がってるからだ」という話を見た。

本当にそうだと考えるなら百合はその最たる例と言えるだろう。百合には当然野郎が踏み入る余地が一切無い。つまり基本的に感情移入はなく傍観しているだけの立場になる。それが「欲」の象徴だとするなら、「もう見てるだけでいいよね」くらいの諦めの境地だということになる。

 

もちろん仮定が間違ってるということは大いに有り得るけど、実際に百合が以前と比べて市民権を得ているのはそんな背景があるかなぁと思った。